ロゴ

コミュニケーション向上に有効な心理カウンセラーの資格とは?

注目の心理カウンセラー

人の悩みに寄り添っていくだけでなく、ビジネススキルとしても注目されているのが心理カウンセラーです。人の心の動きを捉えることによって、部下を束ねていく時やクライアントと接する時にも大いに役立ちます。では、心理カウンセラーと臨床心理士との違いをチェックしてみましょう。

心理カウンセラーと臨床心理士それぞれの特徴

心理カウンセラー

現在、悩みを抱えた人を対象にセラピーなどを行なっている方の多くが心理カウンセラーと名乗っています。民間の協会が認定する資格で、取得のためには専門のスクールの基礎科・専修科などで学ぶ必要があります。

臨床心理士

臨床心理士は国家資格ではないですが、受験資格を得るためには心理系の大学院の卒業が必要となる場合があります。臨床心理士の資格を取得した人は、スクールカウンセラーとして働く人が最も多くなっています。

心理カウンセラーやフラワーセラピーの資格を取って仕事に活かそう

相談

スクールによって差異がある

民間が行なっているスクールや認定資格はたくさんあり、発行元によって内容だけでなく、受験資格や対象者、今後の活かし方などが異なってきます。数ある団体の中から自分に適したスクールを選ぶには、卒業生の進路を確認したり、どのようなサポートが受けられるのかをチェックしたりしましょう。

教材

アートを通じたセラピー

心理カウンセラーにも、心理を基盤に種類が様々あります。フラワーセラピーや、色彩グラスセラピーなども女性を中心に人気が高まっています。フラワーセラピーは、花やアートを通じて心理面へアプローチを行っていきます。心理学だけでなく、アートに興味がある方にもおすすめしたい資格の一つです。

スクールで自分自信の学びへ繋げる

心理カウンセラーやフラワーセラピーの資格を活かすことで、人とのコミュニケーションに繋がるだけでなく、自分の趣味を広げることにも効果的です。同じスクールで、数種類の講座を行なっている所もありますので、自分の興味を深めていくことができます。

広告募集中