【製造材料丸わかり】カーボグラスやシリコーンゴム等の先端材料の今

作業員

特徴の多い素材

ガラス

シリコーンゴムは様々な特徴を持っていて、一番大きな特徴として耐衝撃性に優れているという特徴がある。衝撃保護素材としても一般的に用いられていて、また温度変化に強かったり成形がしやすいという特徴も持っている。

Read More...

品種の違い

機械

ポリカーボネートブランドにカーボグラスがあるが、カーボグラスには様々な品種が存在している。利用用途に合わせて選ぶことができ、ポリカーボネートの特徴にプラスαした形で様々な特徴を持った品種を手に入れることができる。代表的な品種としてポリッシュというモデルがある。ポリッシュは両面が艶加工がされていて、見た目が綺麗なポリカーボネート板である。高級なイメージを持たせる場面でも用いられることもあり、例えば展示品のケースや台座などにも用いられる。ポリッシュには透過したタイプと色物タイプがあり、色物では様々な色を付けることが出来る。アクリル板のような形で使用することが出来るのもポリッシュの魅力だろう。フロストはポリッシュとは異なりマット加工をしたポリカーボネート板である。マット調が必要という場面で用いられ、透過率は低い。そのため目隠しやパーテーションなどにも用いられる。光の反射を抑える事ができるため、反射してはマズイような作業現場でも利用されることもある。
高耐候シートは紫外線をカットするためのカット層を間に挟み込んだモデルで、紫外線を通常のポリカーボネート板よりも低減させることが出来る。実はポリカーボネート板は紫外線に弱いという特徴を持っていて、紫外線が過剰に当たると変色したり耐久性が低くなってします。耐候性シートでは紫外線の透過率を低減できるため直射日光を遮るという効果とともに、素材自体の耐久性を高めることが出来る特徴も持つ。例えば簡易車庫の上面部分に使用されるポリカーボネート板などに用いられ、若干色が付いている。プラスチックはほとんどが電気を通さない絶縁体ではあるが、高いレベルで電気を通さなくしたポリカーボネート板も存在し、カーボグラスブランドで販売されている。電気が流れては困るような場所の囲いなどでも用いられることがある。電気を通さない材料にはシリコーンゴムなどもあるが、耐衝撃性が必要な場所では活用できるだろう。カーボグラスブランドのポリカーボネート板は様々な厚さのタイプが販売されている。あまりにも厚いと加工が面倒になるが、薄い場合はトムソン加工などで3D形状に加工することも可能である。

魔法のようなプラスチック

機械

ポリカーボネート板は魔法のようなプラスチックであり、耐衝撃性に優れながらも高い透過率を持つプラスチックの中でも群を抜いて可能性を広げた素材でもある。ガラス以上の透過率を持つ新素材も開発が進んでいる。

Read More...

Associated Link

  • サンケミカル株式会社

    酸化チタンの商品を手に入れたいと考えているならこちらを拝見してみませんか?取り扱っているアイテムが豊富。
  • かみむら化学株式会社

    利便性の高いプラスチック容器の加工依頼は迷わずこちらへ。好きな形を作り上げることも可能なので便利ですね。

抜加工の最前線

ガラス

トムソン加工は3D加工をする時にも用いられ、刃物の加工レベルが高くなったこともあり近年多く用いられている。型を作るため大量生産にも向いていて、中貫加工などでも用いられている。型作りはコストが低いという特徴もある。

Read More...